ホームインスペクション

インスペクションの流れ

インスペクションの流れ

家を買うとき、家を売るとき、自宅のチェック

複数の物件から気に入ったひとつの物件に絞ったところで、買いたいとは思うけれど他に問題点はないだろうか。買った後でわかってからでは後悔したくない。と思うことはどなたも同じです。
そのために行うインスペクションの流れは、すでに調査されたインスペクション報告書の存在の有無を確認することです。今回この部分の告知義務が法制化されました。ない場合は、購入検討の為にインスペクションを希望する場合、自己負担による申し込みになります。
この部分は、売主様の承諾なしに行うことはできません。ただし、双方インスペクション報告を共有して売買の交渉を行うことが、売主様にとって引き渡し後のクレーム回避にもつながり、今後はインスペクションが適正に行われている物件であることが中古住宅物件の価値基準の一つとなっていくと思われます。
中古物件購入にあたってご相談をいただくのは、らくらすホーム仲介物件に限らず承っています。
他社様でご検討の物件の場合も購入前のご相談では、まず、調査対象の構造・種類・規模・所在地など情報を頂き費用の概算をご提示します。
売主様の承諾後、インスペクション実施にあたっては、できる限り関係者全員の立ち会いをお願いしています。
依頼者に立ち会ってもらうことは、調査部分のポイントなども理解でき物件購入の参考にもなります。
また、通常のインスペクション以外のオプションの調査項目もあります。
売主様からの提供情報が不足する場合の現地調査間取り図作成、屋根の上にあがっての調査や、床下、屋根裏の追加エリアの調査などがあります。
実施後数日内に報告書にまとめ詳細説明を『らくらすホーム 中古住宅購入お悩み相談所』で行います。
購入の為の疑問・不安点についてのご相談も、この時しっかりお聞きし解決を目指します。
お悩み解決に至り確信を持って購入の意思決定をされたのちは、契約から物件引き渡しまでワンストップでお世話させて頂きます。

インスペクションご依頼方法
  1. 1. TEL・FAX・メール・公式LINEなどで承ります。
    見積もりを提示しますので物件資料をお送り下さい。
    買主様は売主様の承諾を必ず取って下さい。
  2. 2. インスペクション実施 (出来る限り関係者全員の立ち会いをお願いします)
  3. 3. 『らくらすホーム相談所』にて報告書をお渡しし説明

リフォーム・リノベーションにあたって

状況調査で現状把握ができた後、リフォーム・リノベーションを合わせて計画する場合は、契約前に速やかなプラン作成と見積もり提示で検討して頂tけます。
最近では、設備機器の取り換えや内装仕上げの改修にとどまらず、住まわれる方のライフスタイルに合わせたリノベーションが増えてきました。
資金計画にあたっては、工事の資金と物件購入費を合わせた住宅ローンを組めるように計画します。契約上の資金計画もセット金額を特約として売主様からの承認が取れることにより、注文中古住宅実現にぐっと近づくことになります。

リフォーム実績を見てみる

  • 0120-180-348
  • お問い合わせフォーム
らくらすホームへのお問い合わせはこちら
インスペクションとは
インスペクションの流れ

らくらすホームの土地探し・家探し 不動産情報

らくらすホームのQ&A

らくらすホームの家造り
注文住宅
リフォーム

OFFICIAL BLOG

Facebook

ページの上部へ