ホームインスペクション

インスペクションとは

インスペクションについて

家を買うとき、家を売るとき、自宅のチェック

インスペクションとは、主に売住宅として市場に出ている中古住宅物件の状況調査業務のことを言います。
買主様(物件の購入を検討している方)からの依頼により、住宅の基本的な構造(住宅の劣化状況、欠陥の有無)や雨水の進入を防ぐための家の状態を、既存住宅状況調査技術者として所定の講習を受講した建築士が国の定めた指針に基づき調査・アドバイスします。

また、買主様に限らず売主様(不動産会社や家の持ち主)側からの依頼の場合もあり、物件の購入希望者への情報開示として物件の概要をまとめる役目にもなります。
宅建業法改正により、インスペクション情報の有無・調査依頼のあっせんが可能であるか否かを、売主様と買主様は契約交渉の段階で説明を受けることとなります。

インスペクションの概要

インスペクションは、国が定めたガイドラインに沿って『既存住宅現況検査報告書』が作成されます。(既存住宅状況調査も同義です。)
らくらすホームでインスペクションを行う場合、物件の仲介業務受託者という立場の場合もありますが、インスペクションにおいては第三者の立場で調査業務を行います。

らくらすホームのインスペクションの特色は、リフォーム工事の実績からその住宅のあるべき姿や経年での変化について冷静に状況把握をしたうえで、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを報告することができます。改修の必要がある場合のリフォームプラン作成は、らくらすホームがもっとも得意とする分野です。
売主様・買主様、いずれからの依頼の場合も、売買対象物件の状態を共有した上で、円滑な成約につなげることが私たちの使命と考えます。

インスペクションの内容

外部 劣化状況調査

外壁材、雨樋、バルコニー、サッシ、出窓等
塗装劣化、浮き、目地シール、ひび割れ、金物の錆 留め付緩み等劣化状況を調査します。

基礎廻り調査

外部、基礎コンクリートクラック計測及び劣化状況、表面モルタル、換気口等を、剥離、染み、蟻道がないか、調査します。

構造、床下、天井裏、小屋組み

床下点検口から目視範囲で床組、土台、柱、基礎補強金物の状況、蟻害の有無、設備からの水漏れあとの有無、1階天井点検口から2階床梁組金物取りつけ劣化状況等を調査します2階天井点検口から小屋組み、状況構造材のひび割れ劣化金物の状況雨漏り事象の有無などを調査します。

設備給排水配管

浴室、洗面、キッチン、トイレの給排水設備配管状況、電気設備、換気設備等吐水、排水、水栓不具合、赤水、アース結線、機器作動、出入り口木部腐食等無いか調査・診断します。

各居室内部状況

床、壁、天井、建具等傾斜不陸測定、仕上げ不具合、建具開閉、腐食、漏水後等がないか調査、診断します。

[ オプション調査項目 ]

筋違検査

温度差を読み取り、壁体内の筋交い等の構造補強の状況や雨漏り個所の推定を非破壊で調査します。

鉄筋検査

コンクリートを破壊することなく基礎内の鉄筋の有無を探査機器で判定調査します。

屋根検査

基本は地上からの目視ですが、高所用はしごで屋根面にあがり各所を点検状況を撮影します。

なぜインスペクションが必要なのか そのメリットは?

造っては壊す住宅のサイクルから、今ある住宅を永く住み続けることにより資源の無駄を減らし、
かつお財布にやさしい暮らしのための方法として、新築からリフォームを推進する施策が打ち出されています。

また今後は中古住宅購入が、既存住宅の再資源化ともいえるリサイクル手法として促進させる施策が打ち出され、マイホーム獲得の新たな潮流となっていくことでしょう。 皆様の生涯の資産であるマイホームを獲得するために、正しい価値判断を行える環境が必要となることは必至と思われます。
そのための正しい判断基準が、『インスペクションガイドライン』として国から示されています。

それに基づく報告書は購入時の住宅の売買瑕疵保険への加入につなげられ、保険加入物件には税制上の優遇も可能となります。
中古住宅を探している方が物件の発見からインスペクション情報の入手、購入の為の資金計画や、リフォームプラン、工事の設計施工、入居後の日々のメンテナンスまでワンストップで相談できる窓口を、らくらすホームで開設しています。

確信を持って中古住宅購入を決断していただくための、お悩み相談所オープン!

子どもも小学校入学が近づく年齢になり、仕事も頑張っているしそろそろ家も買いたいね。という話になった時、うちは土地も含めた不動産の購入から考えないと…という方。
手狭なアパートから出て我が家をイメージしてみるけど、マイカー購入がこれまでの最大の買い物で…一体何から始めたらいいのだろう?という方。

自分たちが買えるのはどんな家なのだろうとお悩みの方に是非来て頂きたいのが、『らくらすホーム 中古住宅購入お悩み相談所』です。
自分たちは、まだ中古住宅を買うと決めていないのにと思われるかもしれませんが、とにかく我が家を手に入れたいと考えているすべての方の為の相談所です。
家探しのはじめの一歩から物件検討、購入の為の資金計画、新築・中古住宅共に気に入った家を見つけしっかり検討されたいと考え、いろいろな資料を取り寄せたり販売担当者に説明を求めたりすると思います。
新築住宅の場合は、スペックが明示されていたり、耐震性、省エネ性、保証内容も情報が用意されていたりする場合がほとんどと思います。そのデータの見方や、評価、物件調査を、らくらすホームで行います。

中古住宅の場合は、明確な部分がほとんどないか、または現状有姿・瑕疵担保責任免除という但し書きが小さな文字で示されていて、買った後どうなるのだろうという不明瞭な思いではないでしょうか?
このように不安を感じながらも、物件案内の1 枚の資料だけで迷っていると、早く決めないと他にも検討している方がいるので売り止めになるかもしれませんよ。と言われ、焦りが最高潮になっていくかもしれません。

そんな方が来て確信を持って購入決断いただくアドバイス&フォローの駆け込み処が、『らくらすホーム 中古住宅購入お悩み相談所』です。中古住宅購入という人生最大の決断の際に、プロのオブザーバーが寄り添います。
その後に購入の為の資金計画、購入後のライフプランをも合わせた長期返済を見据えたアドバイスを行います。

中古住宅購入お悩み相談所は、らくらすホーム(TMC1級建築士事務所)が開設しています。

  • 0120-180-348
  • お問い合わせフォーム
らくらすホームへのお問い合わせはこちら
インスペクションとは
インスペクションの流れ

らくらすホームの土地探し・家探し 不動産情報

らくらすホームのQ&A

らくらすホームの家造り
注文住宅
リフォーム

OFFICIAL BLOG

Facebook

ページの上部へ