TMCかわもとの家造り


私たちのこだわり

有名ハウメーカーの家、ローコストのシンプルデザインの家、特定の性能を誇る規格住宅などここ何年来で、住宅の工法、デザイン、性能コンセプトは、さまざまに提唱されその情報は、主にマスメディアなどからもたらされています。

しかし多くの方が意外と知られていないのが実際に建てられている住宅のうちの過半数以上が在来工法といわれる柱と梁を組み立てて大工さんが建ててくれる工法の住宅だということです。
工務店と呼ばれる中小零細のカテゴリーが供給している家がわが国では、トップシェアであることです。ただまとまって多数派であっても個々の単位は、小集団であるためまとまった主張としてアピールしていないわけです。

ではなぜそれなのにトップシェアを守り続けるのか
それは、家造りを依頼される方の支持があるからですが家を建てようとする方の依頼先の選択基準がこの結果に表れているのです。

つまり一見知名度あるところが多くの家を供給していると思っているけど実際我が家を依頼するということになると、何に信頼を寄せるかという観点で、地域で実績を残している。親戚知人の評判や、推薦がある又はそこの家を建てて住んでいる。その会社の社長又は、社員を昔から知っているなど自ら確認できる情報を信頼して依頼先を決定しているということではないでしょうか?

そのカテゴリーである私たちがこだわるのが在来工法の家造りです。
小集団のおおかたがこの工法をベースとしています。つまり日本の家造りの大半であるシェアで共通のフォーマットの家造りをしているのです。私たちは、リフォームのご依頼でこのジャパンスタンダードであるこの工法が建てられて30年40年又はそれ以上の家の今の姿に出会うことも多くあります。

リフォームにあたっては、その家が建てられた当時の構造体を露出してリニューアルするわけですが、そこには、大切な我が家が経年を経た姿が現れています。老朽化、腐れ痛みなど現実の環境が生み出した結果は、私たちの貴重な経験値となりその工法の改良、進化の基礎資料となります。
家造りの現場そのもので起きている現実を起点として、より良い家造りに昇華していくというボトムアップが、数値データや机上の理論でトップダウンによって造られる家造りよりも人間味ある豊かな住環境を造れると、私たちは信じています。
最新の技術理論や、データから生み出された改良工法は、その後取り入れることによりその真価は、発揮されることになります。


ライフプラン勉強会予習テキスト家造りのお金の話他

  • 0120-180-348
  • お問い合わせフォーム
TMCかわもとへのお問い合わせはこちら

TMCかわもとについて
TMCかわもとのつくる家
なぜ注文住宅がいいのか
土地探しについて
施工にあたってのポイント

TMCかわもとのQ&A

TMCかわもとの家造り
注文住宅
リフォーム

HOUSE DO

OFFICIAL BLOG

Twitter

Facebook

スマイミー


ページの上部へ